回転資金の必要性

会社設立にかかる費用は、ある程度予測が付きます。ですが、実際に企業として活動を考える場合には、これでは活動できなくなります。活動できるようにして初めて設立したということになるでしょう。その中心となってくるのが、資本金をいくら用意するのかということです。

資本金資本金は、会社の活動資金ともいえます。対外的に考えれば、大きければ、信用もそれだけ高くなってくるでしょう。仕入れをしたいとしても、資本金1円と500万円の会社であれば、安全なのは500万円と考えるからです。しかし、設立時の費用も考えれば、ある程度抑えておくことも重要になってきます。

資本金以上に大切なのは、開店資金になるでしょう。企業を始めたとして、数カ月は収入がないかもしれません。仮にあっても、手形でサイト60日になれば、末締めだったとしても3カ月はお金にならないことになります。この期間の間は、収入がなくても経営が続けられるだけの資金を用意しておかなければいけません。市場の調査費用といったお金も必要にはなりますが、それ以上に開店資金の確保を考えておかなければ、運営自体を継続できなくなり、生活という面でも失敗してしまうことになるでしょう。この場合の開店資金は、業種や業態によっても違うため、シビアな目線で設定することが必要です。

設立にかかるお金

会社設立にかかる費用は、実際に242,000円です。法律などの変更によって変わる可能性はありますが、この程度の費用は掛かるということになるでしょう。資本金などの費用はまったく別ですが、1円から設立できるようになったため、大きな差が出ません。

印紙税費用として必要になってくるのは、定款認定手数料と定款の印紙代、登録免許税だけです。これだけの費用で設立することができるようになります。他の費用はいりませんが、注目するべきなのは、定款の印紙税です。これが40,000円ほどかかるのは、どんな形の会社にしても同じで、一律設定されています。ところが、この印紙税は、電子定款にすると発生しません。40,000円もの費用を節約することができるようになります。会社設立サービスを利用した時に、思っている以上に安くなったりするのは、この印紙税を節約しているところにあります。手数料をこれ以下に設定してあれば、自分で手続きをするよりも安くなるのですから、大きな違いになってくるでしょう。

登録免許税に関しては、資本金が1円でも発生することになります。15万円または、資本金の額に対して0.7%のうち、高いほうが適用されるからです。どうしても必要にはなりますが、資本金さえ押さえてしまえば、これだけで済むようになるでしょう。

(推奨リンク)
創立費と開業費って同じもの?会社設立に関わる費用の扱いについて知る – 税サポ ~起業・経営・税務をサポートするブログ~ Supported by アディーレ会計事務所

会社設立と費用

会社設立人生の中にはいろいろな出来事がありますが、会社を設立できるようになるというのは、そうそうあることではありません。だれもができることではなく、さまざまなチャンスが訪れたからこそ、会社設立を考えるようになるでしょう。ただ単純に仕事ができるからというわけではないはずです。

そこには、人との付き合いがあるでしょう。さまざまな人と出会い、多くの関係ができたことで、事業として発展していくものです。人とのつながりは、大きな財産になっていきます。しかし、これだけでは事業として変化していきません。事業を展開する場所も考えてみたでしょう。どんなところで始めればいいのか、その事業の種類によっても違います。その場所を見つけられたことも大切ですが、さまざまな要因が重なったからこそ、決断もできたはずです。運ということでいいかえることもできますが、それを引き寄せる力もあったのは確かでしょう。こうして多くの要因が重なったからこそ、会社設立はできます。だれもができそうで、実は決断も行動もできないのは、どこかに足りない部分があるからです。

会社設立を考えるのは、運や要因が重なっているだけではありません。そこには必ず資金が必要になります。設立を考えるだけでもかかっていくことになりますが、どんな費用が必要になるのかを知るのも必要です。知らないからこそ、想像ができない部分もありますので、チャンスが見えてきているのであれば、参考にしてみてはいかがでしょうか。