設立にかかるお金

会社設立にかかる費用は、実際に242,000円です。法律などの変更によって変わる可能性はありますが、この程度の費用は掛かるということになるでしょう。資本金などの費用はまったく別ですが、1円から設立できるようになったため、大きな差が出ません。

印紙税費用として必要になってくるのは、定款認定手数料と定款の印紙代、登録免許税だけです。これだけの費用で設立することができるようになります。他の費用はいりませんが、注目するべきなのは、定款の印紙税です。これが40,000円ほどかかるのは、どんな形の会社にしても同じで、一律設定されています。ところが、この印紙税は、電子定款にすると発生しません。40,000円もの費用を節約することができるようになります。会社設立サービスを利用した時に、思っている以上に安くなったりするのは、この印紙税を節約しているところにあります。手数料をこれ以下に設定してあれば、自分で手続きをするよりも安くなるのですから、大きな違いになってくるでしょう。

登録免許税に関しては、資本金が1円でも発生することになります。15万円または、資本金の額に対して0.7%のうち、高いほうが適用されるからです。どうしても必要にはなりますが、資本金さえ押さえてしまえば、これだけで済むようになるでしょう。

(推奨リンク)
創立費と開業費って同じもの?会社設立に関わる費用の扱いについて知る – 税サポ ~起業・経営・税務をサポートするブログ~ Supported by アディーレ会計事務所